まそらごと

やっぱり、楽しいのが一番だと思うよ。

松乃家のカツカレーを食べた事ありますか

松屋でおなじみの松屋フーズグループに

とんかつ業態の「松乃家」があるのを知ってますか。(店舗により、松のや、チキン亭)

松乃家には、とんかつ定食に丼メニュー、

そして今回の主役であるカツカレーがございます。

 

f:id:daidaiiroo:20170903162941j:image

これが「松乃家」のカツカレー(辛口)大盛

松屋のカレーを見慣れた人であれば、カツの存在だけでなく

濃度や色の違いにも気がつくのではないでしょうか。

(辛さは普通と辛口の2通り選べます)

 

f:id:daidaiiroo:20170903163030j:image

店外メニューのカレー部分だけ撮影したので(他は撮ってない)

気になる人は下記リンクからご自由に

メニュー|松のや・松乃家・チキン亭

ロースカツカレー630円、ささみカツカレー630円

これかなりお安く感じませんか?

 

とんかつ屋さんのカツカレーですよ?

 

f:id:daidaiiroo:20170903163058j:image

さて、カツの話

とんかつ業態のとんかつなので当然揚げたてサクサク、カレーのオマケじゃありません、主役です。

 

f:id:daidaiiroo:20170903163115j:image

ちょっと食べてソースかけちゃいましたが、とんかつ断面見てください。ホンモノのとんかつですよね、しっかりした食感を感じられる厚みがあります。

 

f:id:daidaiiroo:20170903163138j:image

そして松屋カレー好きが、一番気になっているであろうカレーソースの話

これね松屋のカレーとまるきり印象が違います、もちろんベースとなってるカレースパイス類はほぼ同じだと思ったのですが、さらに一手間加わってる。

カツカレー、すなわちとんかつに合う用に甘さととろみが調整されているのです。

 

カレー仲間のオッジこと

こばやし ゆういち (@haguredori) | Twitter

とのSNS経由での意見交換では、たぶんすりおろしリンゴやね。と見解が一致

 

とんかつ用ソースによくある、フルーティさが抜群のとんかつを惹き立てるカレーソースに仕上がっていました。旨い、旨すぎる、

 

普通の松屋カレーソースも充分に好きなのですが、これを食べてしまうと浮気するかもレベル、

松屋フーズのカレーソースへのこだわり、これは本当に変態レベルではないでしょうか…。

 

f:id:daidaiiroo:20170903163206j:image

サービス券もらったので次回は大盛無料でできるんですが、食べ盛りの人でも正直、大盛りにする必要ないくらい普通盛でお腹いっぱいなれます。

 

個人的にはサラダに利用すると思います。

 

本当に美味しいカツカレーに出逢えました、

自信をもってみんなに薦められます。(近場に欲しいなぁ…)

 

店舗一覧はコチラ

店舗情報|松のや・松乃家・チキン亭

 

 

ごちそうさまでした。

轍(わだち)の話

道路にできるタイヤの跡。

ダンプカーとか重いクルマが走るから凹むって事は聞いた事がありましたけど、

こんな話を聞いて、そりゃ仕方ないなと納得しました。

 

道路を作るとき熱々でドロドロのアスファルトを舗装しますよね、その時の温度が140〜110°C位それが冷えて固まるとカチカチのアスファルト舗装となるわけです。

 

アスファルト舗装はおおむね50°C以下で車両走行できる温度(道路開放)となるそうです。

 

つまり50°C以上の状態では道路がまだ柔らかく不安定な状態だと考えられているわけです。

 

そして、真夏の道路を考えますと、表面温度なんて50°Cを軽く超えて60°C以上になるわけです。

 

道路表面が柔らかい状態に戻ってしまい、重いクルマが走れば当然凹むというカラクリです。

 

これは仕方ありませんよね。

 

 

おしまい。

 

三菱電機ルームエアコン「霧ヶ峰」静岡製作所ツアー【後編】【PR】

三菱電機ルームエアコン「霧ヶ峰」静岡製作所ツアー【後編】【PR】

仕事は一切無関係、飲み仲間の延長、そんなオジさん達と、旅して飲み食いするブログ「オジ旅」のメンバーとして活動してるんですが。

 オジ旅 – CHEAP BUT FUNなオッさん旅

 なぜだかオジさん達に声がかかりまして、先日三菱電機 静岡製作所ツアーにご招待いただきました。

 霧ヶ峰の工場見学もさせていただいたのですが、私自身が建築士という技術者でもあるわけで、見学工程よりも開発担当者さんから伺った技術的な内容を重視してブログに書いていきます。

 

前編はコチラ↓

daigoman.hateblo.jp

今回は後編のお話です。

続きを読む