読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まそらごと

やっぱり、楽しいのが一番だと思うよ。

Powered by 複眼RSS

轍(わだち)の話

道路にできるタイヤの跡。

ダンプカーとか重いクルマが走るから凹むって事は聞いた事がありましたけど、

こんな話を聞いて、そりゃ仕方ないなと納得しました。

 

道路を作るとき熱々でドロドロのアスファルトを舗装しますよね、その時の温度が140〜110°C位それが冷えて固まるとカチカチのアスファルト舗装となるわけです。

 

アスファルト舗装はおおむね50°C以下で車両走行できる温度(道路開放)となるそうです。

 

つまり50°C以上の状態では道路がまだ柔らかく不安定な状態だと考えられているわけです。

 

そして、真夏の道路を考えますと、表面温度なんて50°Cを軽く超えて60°C以上になるわけです。

 

道路表面が柔らかい状態に戻ってしまい、重いクルマが走れば当然凹むというカラクリです。

 

これは仕方ありませんよね。

 

 

おしまい。

 

三菱電機ルームエアコン「霧ヶ峰」静岡製作所ツアー【後編】【PR】

三菱電機ルームエアコン「霧ヶ峰」静岡製作所ツアー【後編】【PR】

仕事は一切無関係、飲み仲間の延長、そんなオジさん達と、旅して飲み食いするブログ「オジ旅」のメンバーとして活動してるんですが。

 オジ旅 – CHEAP BUT FUNなオッさん旅

 なぜだかオジさん達に声がかかりまして、先日三菱電機 静岡製作所ツアーにご招待いただきました。

 霧ヶ峰の工場見学もさせていただいたのですが、私自身が建築士という技術者でもあるわけで、見学工程よりも開発担当者さんから伺った技術的な内容を重視してブログに書いていきます。

 

前編はコチラ↓

daigoman.hateblo.jp

今回は後編のお話です。

続きを読む

三菱電機ルームエアコン「霧ヶ峰」静岡製作所ツアー【前編】【PR】

三菱電機ルームエアコン「霧ヶ峰」静岡製作所ツアー【前編】【PR】

仕事は一切無関係、飲み仲間の延長、そんなオジさん達と、旅して飲み食いするブログ「オジ旅」のメンバーとして活動してるんですが。

 オジ旅 – CHEAP BUT FUNなオッさん旅

 なぜだかオジさん達に声がかかりまして、先日三菱電機 静岡製作所ツアーにご招待いただきました。

 静岡製作所ではルームエアコン「霧ヶ峰」を製造しており、工場見学もさせていただいたのですが、私自身が建築士という技術者でもあるわけで、見学工程よりも霧ヶ峰の2016年新モデル「FZシリーズ」「FLシリーズ」の開発担当者さんから伺った技術的な内容を重視してブログに書いていきます。

 

「FZシリーズ」の担当者、本体と羽根の隙間について力説する、松本 崇さん

f:id:daidaiiroo:20160623170051j:image

「FLシリーズ」の担当者、リモコン開発中の嬉しかった出来事を話す、中洲 次郎さん

f:id:daidaiiroo:20160623170305j:image

熱意ある眼差しや、プレゼン中の笑顔を見ると本当に「霧ヶ峰」が好きなんだと伝わってきました、

 兎にも角にも、作り手がプレゼンしていて笑顔になる製品であれば、使い手も当然、笑顔になる製品に決まってるじゃないですか。技術者ってのは嘘がつけない人種ですから。

 

そんな三菱電機のエアコン最高峰「霧ヶ峰」シリーズ、まずは生まれた歴史から確認してみます。愛情あふれるプレゼンの詳細はのちほど、

続きを読む